Medical Technology Strategy Forum in Japan

4:00 - 6:45 pm

ベルサール東京日本橋, 2-7-1, 103-0027 東京都, 日本

4月

19

サイモン・クチャーは、世界のトップ医療機器・診断薬企業50社のうちの40社に対して、様々な価格戦略の策定と実行支援をおこなって参りました。特に、病院やディーラーに対する販売価格の最適化と価格管理、保険償還獲得と新製品上市時の価格設定、海外事業展開の支援等において、数々の実績を挙げております。過去に実施したコンサルティングプロジェクトでは、少なくとも2~4%ポイントの利益改善を達成できています。

医療機器メーカーはかつてない程の強い価格下落の圧力にさらされています。特に、特定保健医療材料として、医療機器そのものが保険償還の対象となる場合は、過度な値引きが直接的に利益への悪影響をもたらすだけでなく、償還価格の下落を招くという間接的な問題も引き起こしています。2018年4月の診療報酬改定でも大幅な償還価格の下落が見込まれ、この状況は悪化の一途をたどっているにも拘わらず、有効な対抗策が講じられているとは言い難い状況にあります。また、集中購買組織(GPO)の台頭や医療機器購入の意思決定権の医師から用度課へのシフトといった、価格下落圧力を増大し、医療機器メーカーにとっての価格管理の複雑性と重要性を高めるような環境の変化も生じています。

本セミナーでは、弊社のライフサイエンス部門の総責任者であるヨルグ・クルエッテン、および東京オフィスのコンサルタントである山城と藏田が、価格戦略の面から医療機器メーカーの利益を拡大する方策について講演を致します。サイモン・クチャーは、BusinessWeek誌から「価格戦略においてNo.1のコンサルティング・ファーム」と称されており、長年培った医療機器メーカーに対するコンサルティング経験から、企業の利益拡大への有効な打ち手をケース・スタディ等を交えてお伝えします。

Agenda

3:30 – 4:00 pm
受付
4:00 – 4:10 pm
開会のご挨拶
4:10 – 5:10 pm
医療機器メーカーにとっての戦略的価格管理 – 価格戦争を回避し利益を最大化する価格戦略
Speaker(s)
5:10 – 5:25 pm
休憩
5:25 – 5:55 pm
製品上市を確実なものへ – R&Dにおける価格戦略とマーケットアクセスの重要性
Speaker(s)
5:55 – 6:40 pm
変化の激しい欧米市場にいかに対応すべきか
Speaker(s)
6:40 – 6:45 pm
閉会のご挨拶